自分も家庭も仕事も大切にしたい パパ教員のブログ

授業のこと,学級経営のこと,育児のこと,などなど ぼんやり考えていることを書き留めていきます

【仕事術】その日暮らし仕事から抜け出す方法

私がまだ教師としての経験年数が浅かった頃,毎日毎日,明日の授業準備に追われていました。

 

でも校務が優先なので,勤務時間中はほとんど授業準備をすることができず,家に帰ってから授業の構想を練り,次の日の朝に教具を用意するといったギリギリの過ごし方をしていました。

 

こんな状態だったので,イレギュラーな仕事が入るとパンクしてしまい,そのしわ寄せが子どもたちにいってしまうという良くない働き方になってしまっていました。

 

しかし,ちょっとした工夫で,この「その日暮らし仕事」から抜け出すことができたので紹介したいと思います。

 

f:id:nagakenT:20191204044546p:plain

 

 

明後日のための仕事を今日する

__________________________________

その日暮らし的仕事を抜け出すためには,明日の仕事を今日するのではなく,常に明後日のための仕事を今日することがポイントになります。

 

今日が月曜日なら,水曜日の準備をしておく。火曜日の準備はすでに終わっている状態になります。

 

火曜日→木曜日の準備

水曜日→金曜日の準備

木曜日→次週の月曜日の準備

金曜日→次週の火曜日の準備

 

このように2日後の準備をしておくことで私は,その日暮らし仕事から抜け出すことができました。

 

 

なぜ明後日がいいのか?

__________________________________

理由を考えてみました。

 

①明日の準備ができているという精神的余裕ができる

→明日のことに追われていると「早くしないと!」という切羽詰まった状態が続いて,精神的に良くありません。でも明日の準備が既にできていると,少し気持ちに余裕ができます。この少しの余裕が大切だと私は思います。

 

②イレギュラーに対応できる

→記事の冒頭にも書きましたが,明日の準備に追われているとイレギュラーな仕事が入った時点でパンクしてしまいます。しかし,明日の準備が終わっていればパンクすることはありません。積極的にイレギュラーの対応に当たることができます。

 

③より良い授業ができる

→1日寝かせたカレーが美味しくなるように,1日寝かせた授業はより良いものになると私は思っています。これは,1日余裕がある間にその授業について考える余裕ができるからです。明日の授業の準備をしているなら次の日にその授業を迎えてしまいますが,1日余裕があると修正をかけることができます。その結果,より良い授業ができるのです。

 

そして,私が一番お勧めしたい理由が次にあります。

 

 

仕事が早くなる?!

___________________________________

私は明後日の仕事をすることを続けていたある日,「もっと先の仕事をすればもっと楽になるのでは?」と思いました。

 

実はここがお勧めしたい1番の理由です。

 

明後日の仕事をしていると,先の仕事に対して見通しを持って取り組むことの良さに気づきます。

 

すると,さらに先の仕事に対して積極的に取り組みたくなってくるのです。

 

「次の単元にはこれが必要だから今から準備をしておこう!」

 

「図書館に行って必要な資料を手に入れておこう!」

 

「指導要領を読んで,指導案を検索してみよう!」

 

などなど,見通しを持って仕事ができるようになり,仕事がさらに楽になっていきます。

 

明後日の仕事から始めることが,見通しを持って仕事に取り組むことやより良い授業につながっていくと思います。

 

ぜひ,取り入れてみて欲しいと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

ながけん