自分も家庭も仕事も大切にしたい パパ教員のブログ

授業のこと,学級経営のこと,育児のこと,などなど ぼんやり考えていることを書き留めていきます

あるものをどう使うのか?

無いものをねだる?

_______________________________

スラムダンクに憧れていた自分は,高校でバスケ部に入部しました。

 

でも,安西先生のような顧問は存在せず,生徒だけで運営している部活動でした。

 

もちろん弱小チームで,試合にもなかなか勝つことができませんでした。

 

でもそこで誰も自分たちが恵まれていないと嘆いてはいませんでした。顧問がいないからとか,環境に恵まれていないとか言わずに毎日練習を続けていました。

 

もしそこで,誰かが「自分たちは顧問もいないし,エースの存在もないから勝てるわけがない」と腐っていたらバスケ部は廃部の危機を迎えていたかもしれません。

 

無いものをねだる人は誰一人としていませんでした。

f:id:nagakenT:20191014214421p:plain

 

自分たちには何ができるのか?

______________________________

そんな弱小チームの自分たちが選んだのは毎日の練習をとにかく頑張るというものでした。どこに勝とうとか,大会で入賞しようとかいうことよりも,毎日の練習メニューをとにかくこなしていくという道を選びました。選んだというよりも自然とその道をみんなで歩んでいました

 

高望みはせずに,自分たちにできることを一生懸命に考えて実行する。それが間違っているかなんてどうでもよくて,それが一番良いことだとみんなで信じて突き進んでいました。

 

あともう一つは,全力で楽しむということでした。練習が始まる前も練習が終わった後もみんな笑顔でした。

 

これがドラマなら,最後の引退試合で勝ち進むというストーリーが待っていると思うのですが,現実は甘くはありません。初戦敗退であっけなく青春は幕を閉じました。

 

目標は本当に大切?

________________________________

目標を持つことを否定するわけではありません。

 

ただ,漠然ともっと良い自分が待っているとか,努力の先には素晴らしい未来が待っていると信じて取り組むと,今の自分を否定したり,置き去りにしている部分があるのでは無いかという危惧があるのです。

 

そんなことよりも,今の自分の力を認めて何ができるのかと模索する方が大切では無いかと思っています。

 

その方がしんどくなくて,毎日が楽しいと感じられるのでは無いでしょうか。

 

目標を追い続ける経験も必要だと思いますが,一回経験したら後は自分のことを見つめて,こんな所が人の役に立っているとか,家族の幸せにつながっているとか認めてあげることが大切だと思います。

 

考え方を変える

____________________________

周りの同僚に恵まれていない

 

自分にはあの人より能力が低い

 

もっと力が発揮できるはずなのに

 

と色々と嘆くこともあるかもしれません。

 

でも嘆いたところで現状は変わりません。

 

なので,今の自分の状況を受け止めて,できることを模索していく。そうすることで未来は変わっていくと私は信じています。

 

仕事でもプライベートでもこの考え方を生かしていこうと思っています。

 

ちなみにこの考え方はアドラー心理学を参考にしています。

 

参考:「幸せになる勇気」岸見一郎

 

お読みいただきありがとうございました。

 

nagaken