自分も家庭も仕事も大切にしたい パパ教員のブログ

授業のこと,学級経営のこと,育児のこと,などなど ぼんやり考えていることを書き留めていきます

【永遠のテーマ?】女子の関係への対応の仕方

幼稚園での出来事

_______________________________

ある日,4歳の娘から

「今日◯◯ちゃんに,いじわるされた。」

と報告がありました。

 

よく話を聞くと,自分だけが仲間に入れてもらえないということでした。

 

「◯◯ちゃんにどうしてほしいの?」と聞くと

 

「一緒に遊んで欲しい。」と予想外の一言。

 

「明日,もう一回言ってみよう。父ちゃんにできることがあったらまた言ってね。」

 

そんなやり取りで終わりました。

f:id:nagakenT:20191010054745p:plain

次の日

______________________________

幼稚園へ娘を送った時,先に◯◯ちゃんが登園しているのが見えました。

 

これはチャンスと思い,影に隠れて娘のアプローチを見ていました。

 

すると,◯◯ちゃんから

 

「おはよう!今日の髪型かわいいね!」の一言

 

娘の表情は一気に明るくなりました。私もほっとして仕事に向かうことができました。

 

 

じっと待ってみる

_______________________________

毎日お迎えに行くので,その時の娘の表情を見れば

 

(今日は何かあったんだな。)と思う日もありますし,

 

(今日は楽しく遊べたんだな。)と感じる日もあります。

 

子どもの社会でも毎日いろんなことがあります。それが人間関係です。

 

でも私は,家で「今日は誰と遊んだの?」とか人間関係に踏み込まないように心がけています。

 

自分の中でどうしたらいいかを考えているときに,あまり介入してほしくないと思うからです。

 

それに,人間関係の悩みは人生において山ほどあります。その度に親が「大丈夫?」「どうしたの?」と介入していては,子どもたちの対人関係はよくなっていきません

 

私はまず,じっと待つことにします。(さりげなく観察は続けます)

 

 

でも,娘から自発的に話が無く,どうしても聞きたくて話したくて我慢できないときは

 

「今日の給食は何が出たの?」

 

からスタートします。

 

その受け答えから,色々話してくれることもありますし,全然話してくれないこともありますが,このようなハードルの低い質問は反応を見るきっかけにはなります。

 

特効薬はない

__________________________________

人間関係が劇的によくなる方法なんてありません

 

これは大人も子どもも同じです。

 

自分で,他者との心地よい関係を築く方法を時間をかけて見出していくしかないと思います。

 

さて…

教師をしていると,女子の揉め事にたくさん遭遇します。

 

そんな時は,まず様子をよく観察することが大切だと思います。でも,もし解決が必要な時は,一気に解決しようとせずに,今後どうしていくべきなのかを子どもたち自身が判断できるように促すとよいと思います。

 

「あなたは◯◯さんとどういう関係になりたいの?」

 

「このままいくと関係はどうなるのかな?」

 

「どうしていけば良い関係になっていくのかな?」

 

こんな言葉を優しく投げかけて,寄り添いながら一緒に考えていく姿勢が必要だと思います。

 

もちろんすぐに解決はしません。でも,子どもたちが将来自分たちで良い人間関係を築いていくためには,時間をかけて子どもたち自身が方法を見出すように援助してあげることが必要ではないかと思います。

 

あまり深刻になりすぎずに,子どもたちの将来のことを考えて援助できるようになりたいと私は思っています。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

nagaken