自分も家庭も仕事も大切にしたい パパ教員のブログ

授業のこと,学級経営のこと,育児のこと,などなど ぼんやり考えていることを書き留めていきます

【子どもへの言葉がけ】命令せずに考えさせる言葉とは?

酔いしれていた自分

______________________________________

教師生活6年目の私は,ある程度の知識と技術をつけたと思い込んでいて,子どもたちに言うことを聞かせることは「お易い御用」だと勘違いをしていました。

 

自分が指導をすれば何事も上手くいくと思い込んでいましたし,まさに自分の指導に酔いしれていた時期がありました。(今思うと恥ずかしい!!)

 

その指導を振り返ってみると,自分の思い描く道筋があり,そこから外れると厳しく指導をするという間違った方法でした。

 

でも,子どもたちが言うことを聞いてくれるので,その指導は間違っていないと信じ込んでしまっていたのです。

 

若い先生方には,私と同じ間違いはしてほしくないと願っています。

f:id:nagakenT:20191006220148p:plain

 

指示も子どもたちには命令

______________________________________

自分の間違いに気づいた頃から,子どもたちに丁寧に接するようになりました。

 

これまでは,「〜しなさい!」と厳しい言い方をしていたのを

「〜しましょう!」「〜してください!」というように変えました。

 

口調や態度を変えるだけでも,安心感のある学級になっていったと思います。それにトゲトゲしていた自分も丸くなっていったと思います。

 

しかし,アドラー心理学を学び出してから,まだその先があることを学びました。

 

先ほどの「〜しましょう!」「〜してください!」も子どもたちにとっては反論する余地のない言葉がけなので,「〜しなさい!」と同じ強さの命令になるという話を聞きました。

 

お願いをする

______________________________________

では,「〜しましょう!」や「〜してください!」の代わりにどのような言葉を使えまよいのでしょうか?

 

それは

「〜してくれませんか?」

「〜してもらえると助かる!」

 

といった,お願いをするような言葉です。

 

これなら相手に反論の余地を残しながら伝えることができます。

 

少し丁寧すぎる気もしますが,これくらいのスタンス接することが,子どもたちと対等な関係を築くことにつながるのです。

 

↓なぜ対等な関係なのかはコチラ

 

nagaken.hatenablog.jp

 

それでもダメなら

______________________________________

頭ではわかっていても,実際の現場ではそう上手くいかないことが多いです。

 

時間の制限もあるし,なかなか思うようにいかないこともあります。

 

教師も人間だし,イライラだってしてしまうときがあります。

 

きつく命令してしまいそうな時,怒ってしまいそうな時はこの言葉を思い出してください。子どもたちにこう伝えます。

 

「今のままだったらどうなると思う?」

 

この言葉,結構使えます。

 

命令せずに子どもたちに考えるように促し,良い方向へと向かうようにする。

 

岸見一郎先生の講演会で聞いた内容です。ぜひ現場で使ってほしいと思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

nagaken