自分も家庭も仕事も大切にしたい パパ教員のブログ

授業のこと,学級経営のこと,育児のこと,などなど ぼんやり考えていることを書き留めていきます

【1分間の技】安心感を生み出すインプレッション

安心感はどこから?

______________________________________

私は毎朝,2人の娘を幼稚園と保育園に送迎しています。

 

子どもたちを預けて,仕事に専念できるのは幼稚園・保育園の先生方のおかげです。

 

当たり前のように子どもたちを毎日預けているのですが,それは先生方を信頼しているからであり,その信頼は先生方の振る舞いを見て私が安心感を抱くから生まれるものなのだと思います。

 

では,その安心感を生み出す先生方の振る舞いとは何なのでしょうか?

f:id:nagakenT:20190927043602p:plain

 

1分間のインプレッション

______________________________________

子どもを預ける時に先生と顔を合わせますが,その時間は1分間くらいです。

 

この1分間で,私が安心感を抱くのは以下の要素があるからだと思います。

 

① 笑顔

 

② いつも同じテンション

 

③ 元気な挨拶

 

④ 保護者への気遣い

 

 

当たり前が難しい

_____________________________________

上の4つはプロとして当たり前のことのように思えますが,毎日できるかというと私も自信はありません。

 

でも,この4つを意識していれば,安心感を抱いてもらうインプレッションとしては合格ではないかと思います。

 

①笑顔

→ どれだけしんどい時も,保護者を迎える時は笑顔が大切だと思います。疲れているとかしんどそうとか不機嫌そうとか,相手に少しでもこれらのインプレッションを与えてしまうと心配にさせてしまいます。もちろん先生にもしんどい時はありますが,そこはプロとして,保護者に会う時くらいは笑顔でいたいです。(マスクも外すようにしています)

 

②いつも同じテンション

→ テンションを高くいる必要はないと思います。そうではなくて,テンションにムラがあると心配にさせてしまうということです。「あれ?今日の先生何か元気ないな…」ではなく「今日も先生は元気だな。安心して預けられる!」と思ってもらえるように心がけています。

 

③元気な挨拶

→「おはようございます!」この挨拶が与えるインプレッションは大きいと思います。保育園の先生に挨拶が上手いと感じる方がおられるのですが,少しゆっくりと大き目の声で挨拶をしておられるので,参考にしています。あとは保護者と子どもの両者に別々に言う点も大切ではないかと思います。

 

④保護者への気遣い

→これは私に足りない点です。保護者に会った時に一言声をかける。これって大きな安心感を与えると思います。私が実際に保育園の先生にかけられて嬉しかったのは「お仕事お忙しいのにありがとうございます。無理なさらないように。」や「奥様はお元気ですか。」などです。タイミングなどを間違えるといけない上級テクだとは思いますが,取り入れたいところです。

 

 

あくまでインプレッション

_____________________________________

これらは,その場で安心感を与えるインプレッションです。

 

保護者の方々からの信頼を得るためには,インプレッションに加えて日々の積み重ねが大切になると思います。子どもたちに何を与えることができているのかという点はもちろん,意識したいところです。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

nagaken