自分も家庭も仕事も大切にしたい パパ教員のブログ

授業のこと,学級経営のこと,育児のこと,などなど ぼんやり考えていることを書き留めていきます

忙しさの判断?働き方セルフチェック

仕事に子育てに家事に…本当に毎日忙しいです。

 

でも忙しさのあまり,自分のことや家庭のことをおろそかにしてはいけないと思っています。仕事に圧迫されすぎている状態は避けたいものです。

 

私の中で忙しさを判断する3つの基準があります。

 

それは,新聞と団欒(だんらん)と趣味です。

 

f:id:nagakenT:20190910051420p:plain

 

新聞を読めているか?

_________________________________

これは私の中でとても分かりやすい基準です。

 

世の中の動きを常に知っておきたいですし,授業や子どもたちとの会話にも最新の情報を取り入れていきたいと思っています。なので新聞を読む時間は私の中で大切なものです。

 

でも,やらなければいけない仕事がある時は,新聞を読むことができません。やはり仕事が優先されます

 

なので,そんな時は冷静に自分の置かれている状況を客観視して,

 

「ああ自分追い込まれているな…」

 

と思うようにしています。

 

 

団欒の時間を楽しいと感じるか?

___________________________________

家族との団欒の時間に「楽しいな!」「豊かだな!」「幸せだな!」と感じることができているかを常に振り返るようにしてます。

 

例えば食事の時間であれば

 

「みんなで集まってご飯を食べられるなんて幸せ!」

 

と感じるのか

 

「早く片付けて◯◯の仕事を終わらさないと…」

 

と別のことを考えているのか

 

私自身,後者のパターンの時期であることが多かったなあと今振り返って思います。後者は完全に仕事に圧迫された状態で,仕事中心の危険な状態と言えるかもしれません。

 

 

趣味の時間があるか?

___________________________________

私はこのブログを書いたり,本を読んだりする時間が少しでもあるかないかを判断基準の1つにしています。

 

新聞の場合と同じですが,仕事に圧迫されていると趣味の時間をとることはできません。

 

この場合,かなり落ち込みます。何のために仕事しているんだろうと…

 

 

これらは必要なの?

___________________________________

人によって忙しさを判断する基準は違いますし,別にこれらの時間は必要ないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

あくまでも私の場合です。

 

しかし,仕事に圧迫されて自分の生活や人生を左右されるなんて,なんか悔しいですよね。私はそう思います。

 

 

余裕を生み出す

___________________________________

上の3つの基準は判断の材料でもありますが,これらの時間をつくる工夫をするという目標にもなります。

 

「今日は新聞が読めなかった…」

 

という日があるなら

 

「明日は新聞を読むために,こんな段取りで仕事を終わらせるぞ!」

 

といった感じです。

 

自分の生活を振り返り,そしてよくしていく,そんなサイクルをつくれると豊かな毎日になるのではないかと思います。

 

nagaken