自分も家庭も仕事も大切にしたい パパ教員のブログ

授業のこと,学級経営のこと,育児のこと,などなど ぼんやり考えていることを書き留めていきます

先達の積み重ね

おはようございます。

 

今,世間で最もつくって欲しいと

思われている食事は給食だろうな〜

ぼんやり考えていたながけんです。

 

早く食べたい!!笑

 

さて,今日のテーマは

「先達の積み重ね」です。

 

最近ハウツー記事が多かったのですが,

今日はぼんやりと感じたことを書こうと思います。

 

もしこのままお付き合いいただける方は,

ぜひ,ゆる〜く読んでみてください。笑

 

それではいきます。

f:id:nagakenT:20200429055933j:plain

 

 

 

そのアイデアは…

最近,Voicyで西野亮廣さんの話をよく聞きます。

 

先日,西野さんのお話の中に,

「自分が思いついたアイデアは,

既に1万人が思いついていると

考えた方がいい。」

という内容がありました。

 

どういった流れだったのかは

忘れてしまいましたが,

ビジネスの世界では,

それだけ試行錯誤が行われていて,

新しいと思うアイデアも既に古い可能性があり,

思いついたらすぐに実行する

スピード感が大切なんだな〜と思っていました。

 

 

学校の実践

この話は学校の実践にも

当てはまる部分があるなと思います。

 

普段何気なくしている授業も

今までに多くの実践・研究の積み重ねが

体現してくれているもので,

そこに乗っかっているんだろうな〜と

ぼんやり思いました。

 

自分が最近書いている社会科のハウツー記事も

何かにインスパイアされて書いているはずだし,

自分が開発したものでもなんでもありません。

 

これまでに数えきれない試行錯誤があり,

今の教育が成り立っていて,

その土台の上で実践をしていることを

忘れてはいけないなと感じています。

f:id:nagakenT:20200429061706p:plain

そして何より大切なことは

さらに実践・研究を進めていき,

教育をさらに漸進させていくことだと思います。

 

日々している授業を発信・交流し合い,

磨きあっていくことは,少しずつ教育を

より良くしていく作業になると信じています。

 

 

コロナの影響で

実は今日の話はここからが一番

伝えたいと思っている内容です。

(ここまで読んでくださった方感謝です。)

 

今,新型コロナウイルスの影響で

社会の在り方が転換する(見直される)

時だと言われています。

 

その流れの中にもちろん学校もあり,

学習や学校(先生)そのものの在り方が

問われています。

 

これらは今までの学校や学校での学習が

批判されているのではないと私は思っています。

 

批判されているのではなく,

より良い方向にシフトしていこうよ!という

メッセージだと思うのです。

f:id:nagakenT:20200429064133p:plain

だから,このような議論を後ろ向きに

捉えるのではなく,前向きに捉えて

一緒により良い方向に向かって

取り組んでいけばいいと思います。

 

何よりも,

先述したような

これまでの教育の積み重ね

これまで教師が大切にしきたこと

何も変わりません!!

きっと。

 

土台から覆されるのではなく,

方向性や方法を上手く転換していく

そのための議論だと思います。

 

一緒に頑張っていきましょう!!

 

さて,後半はアツくなってしまいましたが,

お付き合いいただきありがとうございました。

 

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

ながけん