自分も家庭も仕事も大切にしたい パパ教員のブログ

授業のこと,学級経営のこと,育児のこと,などなど ぼんやり考えていることを書き留めていきます

【子育て世代働き方】子育てキャラを確立しよう!!

自分で働きやすい環境をつくる

_________________________________

これが子育てキャラを確立する1番の目的です。

 

「子どもたちを朝幼稚園・保育園に送っている」

「子どもたちのお迎えがある」

「いつお迎え要請があるか分からない」

 

色々な制約の中で,家事も育児も仕事も全力で頑張っている子育て世代のパパママには本当に頭が下がります。

 

そんな大変な状況の中でがんばっているということをさりげなくアピールし,職場の人たちからの理解を得て,働きやすい環境を自分でつくっていくことで,ストレスは大きく軽減できると思います。

 

f:id:nagakenT:20190905055800p:plain

 

 

パパママ仲間を増やす

___________________________________

職場には自分と同じ子育て世代のパパママがいるかと思います。その方に積極的に話しかけにいくことをお勧めします。

 

話題はもちろん子どものこと

 

「最近お子さんの体調はどうですか?」

「なんかいいイベント知ってますか?」

「どこかお出かけスポットありませんか?」

 

疑問系で投げかけると話も膨らみやすいです。

 

あとは自分の状況も話しておくとよいと思います。

 

そうすると何かあった時に助けてもらえるかもしれません。もちろん逆に助けてあげることも大切です。ここはお互い様精神を共有したいですね。

 

パパママネットワークができると,大変なのは自分だけじゃないという安心感も生まれますし,職場の居心地も変わってきます。

 

 

さりげないアピール

__________________________________

やりすぎるとうっとおしいですが,さりげなくアピールすることは子育てキャラの確立には欠かせません。いくつかピックアップしてみたいと思います。

 

スマホの待受を子どもの写真にする

 →自分からは見せずに,何かのタイミングで見てもらえるようにする

 

子育てワードをちょくちょく入れる

 →「お迎え」「保育園・幼稚園」「子どもの運動会」など,子ども中心の生活というのをさりげなくアピール

 

出勤・退勤の必死感

 →これは自然と出るかもしれませんが,「子どもを送って全力で出勤してます!」とか「急がないとお迎えに間に合わない!」と全力(汗だく)な姿を見せる

 

これらのアピールで少しでも理解してもらえるとありがたいですね。

 

 

一番大切なこと

__________________________________

それは仕事の手を抜かないことです。

 

仕事にも全力を注いで,「子育て大変だけど自分の仕事はきちんとしている」ということもアピールできないといけません。

 

なので私も仕事は120%のパフォーマンスを発揮している(つもり)です。

 

そのがんばりがあってこそ子育てキャラが理解されると思うので,ここは大切にしたいところです。

 

これからのパパママのために

__________________________________

今の若い方々がこれから,子育てをしていく中で仕事との両立ができるように,先輩である私がその道をつくってあげたいと思っています。

 

もちろん,私が今子育てをしながら働きやすいのは先輩のパパママのおかげです。

 

これまでの先輩方のがんばりを無駄にしないためにも私もできることをしていきたいと思っています。

 

子育てパパママがんばりましょう!!

 

nagaken