自分も家庭も仕事も大切にしたい パパ教員のブログ

授業のこと,学級経営のこと,育児のこと,などなど ぼんやり考えていることを書き留めていきます

出してみよう!学級通信

本当なら昨日に配布する予定だった学級通信です。

f:id:nagakenT:20200409043238j:plain

早く落ち着いて,これが渡せるといいなと思います。

 

さて,私は学級担任を務めていた時,

学級通信を毎日出していました。

 

その理由はこちら↓

nagaken.hatenablog.jp

毎日書く中で気づいたことや

保護者の方から教えてもらったことを基にして

今回は,学級通信に

何を書くのか?

どのように書くのか?

 

その辺りのことを紹介したいと思います。

 

f:id:nagakenT:20200409044058j:plain

 

 

目的を明確にしよう!

まずはここをはっきりさせないと,

筆が進みません。

 

誰に?何を伝える?

 

ここを考えてみましょう!

いくつかパターンがあると思うので,

その時々で変えるといいかもしれません。

 

保護者自分の思いを伝える

→初めに載せた私の学級通信は

このパターンです。

学期の初めや大きな行事の前は

この形がおすすめです。

 

保護者子どもたちの様子を伝える

→このパターンが9割くらいを占めると思います。

普段子どもたちが何をして過ごしているのか,

どんな勉強をしているのかを伝えます。

 

子どもたち自分の思いを伝える

 →感謝の思いを伝えたい時,

学級への思いを伝えたい時,

乗り越える困難がある時などに

このパターンを使います。

 

直接伝えればいいのですが,

学級通信に文字として表すことで

子どもたちの受け止め方も変わります。

もちろん,保護者にも読んでもらえるので

一緒に考えてもらうきっかけになります。

 

何を使って書くの?

はっきり言います。

 

何でもいいです。笑

 

パソコンでもいいし,

タブレットでもいいし,

紙でもいいし,

自分が書きやすい方法を取ればいいと思います。

 

全部経験したことがあるので,

それぞれのメリットを書いてみます。

 

①パソコン

→写真が簡単に貼り付けられるので,

普段の様子を伝えやすいです。

(個人情報の扱いには注意!)

また,テンプレを作っておけば

手書きに比べて時間がかかりません。

 

②紙

→味があります。

字の美しさに自信がある方や

絵が得意な方にはおすすめです。

書いてすぐに印刷できるという良さもあります。

 

タブレット

→メモアプリを使えば,

パソコンの良さも紙の良さも

生かすことができます。

iPadApple Pencilの組み合わせが

おすすめです。

f:id:nagakenT:20200409051408p:plain

自分が無理なく続けられる形を

選ぶのがいいと思います。

 

注意事項!

色々と失敗があるので,

お伝えしておきます。

 

①学年で揃える

自分のクラスだけ発行しているとか,

自分のクラスだけ発行する回数が多いとか,

足並みが揃っていないと,

色々なところからクレームがきます。

ここはきちんと相談しましょう。

 

②管理職の許可をもらう

足並みが揃ったら,

そもそも発行していいのかどうか,

個人情報の扱いをどうするのかなどなど,

管理職に聞いたり,伝えたりする必要があります。

 

もちろん,毎日発行する場合は

毎日チェックをしてもらうので,

その辺りのことも相談しておくと良いと思います。

 

③保護者の許可を得る

写真を載せる場合には,

子どもの顔が写って良いかどうかを

保護者に確認しておく必要があります。

初めに出す学級通信でもいいし,

直接会う機会があるならその時でも

いいと思うので確認しましょう。

 

書いてみよう!

以上のことが固まったら,

あとは書くのみです。

 

書いているうちにコツが掴めてきます。

 

保護者からも感想を聞くことができます。

 

さぁ1歩踏み出してみましょう!!

 

お読みいただきありがとうございました。

 

ながけん