自分も家庭も仕事も大切にしたい パパ教員のブログ

授業のこと,学級経営のこと,育児のこと,などなど ぼんやり考えていることを書き留めていきます

【共働き】家事・育児をどう分担するか?

娘たちが通う幼稚園や保育園から協力要請があり,お弁当を持たせること,昼過ぎにお迎えに行くこと,その後家で過ごすようになり,普段よりも家のことが忙しくなった感じがしています。

 

きっと,子育て世代の家庭はどこも大変な毎日を過ごしていると思います。

 

そんな時に手に取ったのがこの雑誌でした。

毎月,「そうそう!!それそれ!!」と共感しながら読ませてもらっているのですが,今回はルールというテーマだったので,我が家のルールも振り返ってみようと思います。

 

f:id:nagakenT:20200312051835j:plain

 

 

これがなければ我が家は回らない?

先ずは,家事・育児の負担を家電たちの力を借りて最小限に抑える所からスタートです。

 

以下は,我が家の力強い味方です。この子たちがいないと正直回りません。

 

nagaken.hatenablog.jp

 

①乾燥機付き洗濯機

→洗濯物を干している時間なんてありません。それにお漏らしとか急な対応には欠かせません。子どもたちの体操服が次の日にはきれいになって乾いている状態でないと困るんですよね〜。笑

 

②お掃除ロボット

→毎日きれいな部屋で過ごしたいけれど,毎日掃除機なんてかけてられない。たまに不具合を起こすけれど,勝手に掃除してくれるのはありがたいです。子どもたちに「片付けしないと吸い込まれるよ」という脅しにも使えます。笑

 

③食洗機

→水で汚れを簡単に流して放り込むだけ!!水筒なんかを洗うのにも助かります。

 

④自動調理器

→朝にセットしておけば,帰ってきた時には完成しています。特に煮込み料理やスープ系にはもってこい!味もなかなかイケてます。

 

スマートテレビ

→子どもたちの相手をしてくれます。笑

f:id:nagakenT:20200312053056p:plain

これらは手抜きではなく,家庭を回す手段です!!

 

夫婦のルール?

家電の力を借りて,最小限に仕事を減らしたといってもやることはたくさんあります。

 

それをどのように分担するか?

 

友達夫婦から,「◯◯はどちらの仕事」という分担制について聞いたこともありますし,それぞれの家事にポイントがあって,ポイントが同じくらいになるようにしているという話を聞いたこともあります。,

 

我が家は,「できる方ができることをやる!!」というゆるいルールがあります。

 

どちらも小学校教員なので,急な対応が入って帰りが遅くなったり,早く出勤しなければいけなかったりする日があります。

 

だから,どちらが◯◯をするという風に分担することが難しいんです。

 

だから,早く帰った方がご飯の支度をするとか,時間に余裕がある方が子どもたちの相手をするというように,その時々で上手く回すようにしています。

 

とはいっても妻の方がたくさんやってくれている感が大きいので感謝感謝です。

 

nagaken.hatenablog.jp

 

感謝が大切

私はどうしてもつい「自分は家事・育児をこれだけやっている!」という風に偉そうになってしまうところがあります。そんな態度を示すと雰囲気が悪くなってしまいます。

 

だからいつも,「感謝しよう」と反省して過ごすようにしています。

 

幸い妻はお酒が飲めるので,食事の時や子どもたちを寝かしつけた後に「今日もお疲れ様!」といって晩酌をしながらねぎらうことができます。

 

そこを感謝のポイントにしています。

 

でもでも,時々偉そうな自分が出てきます。そんな時に思い返す記事があります

note.com

 

あお先生のブログのファンなので,全部チェックしているのですがものの見方とか考え方がとても参考になります。もちろんブログの書き方も!!

 

この記事は,自分が家の中で偉そうになっていると感じた時に振り返るようにしています。

(あお先生勝手に載せてすみません)

 

といったように,ドタバタな毎日ですがなんとか乗り切っています。

さて今日もお弁当を作るとします。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

ながけん