自分も家庭も仕事も大切にしたい パパ教員のブログ

授業のこと,学級経営のこと,育児のこと,などなど ぼんやり考えていることを書き留めていきます

私がスーツで仕事をする理由

一般の公立学校では,管理職以外に普段からスーツを着ている教師はそんなに多くないと思います。

 

私は普段,体育の時以外はスーツで仕事・授業をしています。きっかけは自分が尊敬する先輩教員がスーツで仕事をしているのを見て「かっこいい」と思ったことです。ただのパクリです。笑

 

時々,知り合いの教員から「何でスーツで仕事してるの?」とか「イキってない?笑」なんて言われることもありますが,私が約2年間スーツで仕事をしてみて感じたメリットを書いてみようと思います。

 

 

f:id:nagakenT:20200315090325j:plain

理由は3つです。

①時短になる

 

②どんな場面でも対応できる

 

③気合いが入る

 

1つずつ説明してみます。 

 

時短になる

スーツを着ると決まっていれば朝の忙しい時間に服を選ぶことがありません。ネクタイの色と靴下の色を決めるくらいです。10秒もかかりません。

f:id:nagakenT:20200315090715p:plain

 

それに学校に行ってからもそのまま授業ができるので,着替える時間の短縮につながります。

 

もちろん体育の時間は運動着に着替えますが,週に2〜3回しかありませんし,そんなに大幅に時間を取られることはありません。

 

nagaken.hatenablog.jp

どんな場面でも対応できる

急な保護者対応,業者との打ち合わせ,イレギュラーな家庭訪問など,ジャージよりもスーツを着ている方がベターな場面があります。

 

そんな時にスーツに着替える時間がなかったり,そもそも学校にスーツを置いていなかったりという心配がなくなります。

 

あと卒業アルバムの職員写真の時なんかもそうですね。

f:id:nagakenT:20200315090547p:plain 

あとこれは私だけかもしれませんが,ジャージで校区をうろうろすることがどうしても恥ずかしいのです。パジャマで出かけているような感覚で…

 

それに,保護者の目線に立つと,スーツを着ている先生とジャージの先生とでは,パッと見の印象が違ってきますよね。(ちょっとしっかりしていると見られる?)

  

nagaken.hatenablog.jp

 

気合いが入る

朝,スーツに袖を通すと仕事が始まるという感覚になって,がんばろうという気持ちが湧いてきます。

 

スーツで授業をしていると,毎日が授業研のような感覚になって指導に少し緊張感をもつことができます。

 

子どもたちもスーツの先生が前に立っていると,少し緊張感をもつかもしれません。

f:id:nagakenT:20200315090750p:plain

 

以上のようにスーツを着ることにはメリットがあると思います。

 

スーツに抵抗がある方は,少しきれいめな格好でお試しいただければ良いのかなと思います。

 

nagaken.hatenablog.jp

 

 

参考になれば幸いです。お読みいただきありがとうございました。

 

 

ながけん