自分も家庭も仕事も大切にしたい パパ教員のブログ

授業のこと,学級経営のこと,育児のこと,などなど ぼんやり考えていることを書き留めていきます

Twitterを始めて約1年

今年の1月からTwitterを始めたので約1年間Twitterをしている事になります。

 

Twitterをして良かったと思うことを書いてみようと思います。

 

f:id:nagakenT:20191229113654p:plain

 

思いや実践を発信できる

__________________________________

忙しい毎日の中で自分が思ったことを伝えられる場や時間は少ないです。

 

でもTwitterならものの30秒で伝えることができます。

 

しかもその発信に対して,リアクションをもらえるなんて素敵すぎます。

 

以前に子どもの登園しぶりがあった時にツイートすると,多くの方から励ましのメッセージをいただきました。その時は気持ちが楽になったのを覚えています。

 

あと,教師は毎日の授業や活動の中で色々な実践をしています。

 

そんな実践を自分の中だけで留めるのではなく,発信して交流することができるツールとしてTwitterはとても役に立ちます。

 

 

つながりができる

___________________________________

Twitterをしていなければ知り合うことができなかった素晴らしい先生方と知り合うことができました。

 

毎日のツイートのやり取りだけではなく,セミナー等に参加するきっかけにもなりました。

 

今までは学校や研究会等の世界しか知らなかった自分に,新たにTwitterという世界ができた感覚がもてました。

 

来年には,1月には大阪でサークルをスタートさせますし,2月にはセミナーに参加させていただきます。こんなチャンスもTwitterを始めたことで得られたと感じています。

 

 

レベルアップできる

___________________________________

去年の今頃は物事に対して自分の中で色々考えて終了でしたが,今は考えたことを140字にまとめてどう伝えようかと考えるクセがついています。

 

何かあれば,「よし発信しよう!」とします。

 

発信を続けていると,自分に足りないものが見えてきます。

 

その足りないものをインプットして,またアウトプットします。このサイクルを繰り返すことで間違いなくレベルアップできていると確信しています。

 

今後も続けていきたいです。

 

 

最後に伝えたいこと

___________________________________

自分はTwitterを始めてまだ1年です。

 

私よりも前からTwitterの良さに気がついて発信をされていた先生方が多くいらっしゃいます。

 

そんな方々のおかげで,Twitterの中で教員のアカウントとして発信ができ,繋がることができていると感じます。そんな土壌を作ってくださった方々に感謝です。

 

そして,自分も今その良さに気がつき魅了されています。

 

今後,さらに発展できるように何かできることをしていきたいと考えています。

 

 

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

ながけん